本駒込歯科室
メールでご相談
東京都文京区本駒込4-48-3 1階 TEL 03-5815-8806
本駒込歯科室
本駒込歯科室
歯周病・口臭・糖尿病
歯周病のお話し
多くの方が歯周病という言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?歯周病とはいったいどんなものでしょうか。かつては歯槽膿漏とも呼ばれていました。 歯周病推定患者数9000万人(厚生労働省)ともいわれ、35歳以上の8割の方が罹患しているともいわれています。以下の右図の様な歯肉の方は要注意です。

なぜ、私が歯周病について神経質でいるかというとアンチエイジングの項目でも触れましたが、歯周病がある・出血があるということはお口の中に傷がある、ということなのです。その傷は一つ一つは小さくても合わせた大きさは掌の大きさともいわれています。そんな大きな傷があったら放っておきますか?そしてその傷からは細菌とその毒素が体に入り込んでいくのです。一時的に薬を塗る事で出血が収まったとしてもそれは治癒したのではなく、より深部に進行して行く為の準備期間にすぎないのです。
ですから、皆様にはしっかりと歯周病を治して頂いてさらにその状態を維持する為に定期的なクリーニングを受けて頂いて少しでもご自身の健康増進に役立てて頂きたいと考えています。
歯周病は歯を取り巻く歯周組織(歯肉、歯槽骨、歯根膜)の破壊程度から歯肉炎と歯周炎に分けることができます。
健康な歯肉、出血も無く健康なピンク色でひきしまっています。
口臭と噛み合わせが気になって来院された方です。歯周病になっており、膿み・出血が見られ、腫れぼったく赤い色です。
歯肉炎
最も軽度の歯周病です。歯肉が赤く腫れ、出血しやすくなります。痛みはほとんどなく、自覚症状が乏しいです。
歯周炎
歯肉炎が進行して歯を支える顎の骨(歯槽骨)の破壊、吸収や歯肉の退縮等が認められます。
糖尿病を悪化させます!
糖尿病で入院したら歯が悪くなって入れ歯になったということは昔から言われていた事ですが、糖尿病が歯周病(お口の状態に)に悪影響を与えることは医学的にも昔から解明されていました。ところが近年の研究から実は、歯周病が全身疾患に影響を及ぼす事が報告されています。

左の図の様に数多くの疾患との関連が報告されています。(図には有りませんが、早産・低体重児との関連も報告されています)

歯周病は歯周病細菌により引き起こされます。問題なのは細菌に侵入された歯周組織は傷になっている、という事です。傷だからこそ出血があります、その傷は小さい様に見えてお口の中全体で見ると実は手のひら大の大きさもある傷なのです。お腹とかにあったら非常に痛そうですし、皆さん放って置きませんよね。でも、それだけの傷でなおかつそこから細菌や毒素が常にじわじわと入り込んで全身を巡っているのです。考えるだけでぞっとしますし、色々な臓器に影響が出るのも納得できるとおもいます。

それを防ぐには入り込む細菌の量を減らす事と入り込む場所を(傷を)治してしまうことです。つまり、徹底的な歯周病の治療と定期的なクリーニングを行う事でお口はもとより、全身の健康にも好影響を及ぼしやすいのです。

歯周病の方はそうでない方に比べ糖尿病へのなりやすさが2,5倍、心臓血管疾患へのなりやすさが4倍、低体重児の危険性4倍等々本当に様々な疾患へのなりやすさが上昇している事が日本のみならず世界で報告されています。お口の健康・歯周病予防(クリーニングの項目を参照ください)を行って様々な全身疾患の予防・改善に取り組みましょう!
Call: 0358158806
メールでご相談
本駒込歯科室
〒113-0021
東京都文京区本駒込4-48-3 1階
※勤労福祉会館 本駒込図書館向かい
【アクセス】
・都営バス本駒込4丁目停留場
・本駒込5丁目停留場徒歩30秒
【駐車場】
・コインパーキング(有料)
【診察日】
・月~土 / 9:00~13:00
・14:30~19:00 ※土曜日は17:00まで
【休診日】
・日曜日、祝祭日
及び 火曜日の午後は休診
Call: 0358158806
本駒込歯科室
Page Top