Loading...

和の空間でリラックスしながら治療

Treatment while relaxing in a Japanese space

今ある歯を長く残すことを大切にしています。
完全予約制で待たせず質の高い治療を提供してます。
虫歯だけでなく、歯周病・歯並び・歯の色が気になりなる、そんな方が多くいらしている当歯科室です。

こちらをご覧ください

お子様連れでも大丈夫。
お母さんが治療のときはスタッフがお預かりして
安心して治療受けれます。

こちらをご覧ください

歯並びがきになる方、歯周病が気になる方、
そのような時は本駒込歯科室にご相談ください。

臨時休診等のお知らせ

日本歯周病学会認定 歯周病認定医
日本顎咬合学会認定 噛み合わせ認定医

本駒込の歯科医院「本駒込歯科室」では〝お口の健康が全身への健康に寄与する〟をモットーにお口だけでなくあなたの全身の健康を考えて、歯周病・口臭・糖尿病、 ホワイトニング・クリーニング(予防)、審美治療、矯正、かみ合わせ治療、インプラント・特殊義歯、等様々な治療を行っております。お気軽にお問い合わせください。

こんなことでお悩みではありませんか?

歯周病を治したい。

歯並びが気になる。

歯医者は説明があまりなく待たされる。

歯医者は話を聞いてくれない。

子ども連れだと通いにくい。

歯の色が気になる

1つでも当てはまれば、本駒込歯科室へお越し下さい。

院長紹介

お待たせしたりする事の無い様に完全予約制を採用しており、時間どおりに治療が受けられると好評です。
・歯学博士(歯周病学)
・日本歯周病学会認定 歯周病認定医
・日本顎咬合学会認定 噛み合わせ認定医
・日本小児歯科学会会
・日本審美歯科学会会員

初めての方へ・診療案内

具体的には初診時は60分お時間を頂きますのでご了承下さい。
旅行でもそうですが行き先だけでなく(治療のゴール)その行き方(治療方法)をしっかり決める事で無駄がなくなります。

患者さんの声

患者さんの声をまとめ掲載しております。
また、よくある質問では院長・中村から的確な回答をさせていただいております。
是非一度ご覧ください。

News

当歯科室での感染予防対策

2020.04.09

当歯科室での感染予防に対する考えをお伝えしたいと思います。我々は常日頃“スタンダードプリコーション”に則って診療しています。スタンダードプリコーションとはすべての人は伝播する病原体を保有していると考え、血液、すべての体液、汗以外の分泌物、排泄物、傷がある皮膚、粘膜が感染原因となるという考えで、それに対応する予防策を行います。器具の滅菌やグローブやコップなどの使い捨て器具の使用などがそれにあたります。患者さんごとに当然行っているために毎日のゴミが時代に逆行してかなりでますがご容赦ください。 さらに、治療後の椅子やスリッパなどはアルコールではなくより強力な次亜塩素酸水にて一回一回綺麗にしています。 また、当歯科室は院内感染予防対策等の体制を関東厚生局に報告しています。

口の汚れとウイルス対策の意外な関係知っていますか?

2020.03.25

口の中にはどのくらいの細菌が潜んでいるでしょうか。歯周病のある人では4000〜6000億もの細菌が住み着いていると言われています。そして歯周病菌が毒素をもっています。その歯周病菌達が口から身体の中に入り込んでいるのが歯周病です。歯周病菌などの怖さはそれだけではありません。歯周病菌はたんぱく質分解酵素を産生して喉などの粘膜を荒れた状態にしてインフルエンンザなどのウイルスが侵入・感染しやすくしています。歯石を取っていなかったり、歯周病があるとその危険が上がります。 歯石は単に取れば(取ってもらえば)いいのでしょうか?その答えは“いいえ”です。歯石は歯肉内部につくことで歯周病が進行します。歯肉内部に着いた歯石は目で確認することがしにくく、手の感覚などを頼りに術者の技術の差が大きく出ます。同じ歯に歯石とりを行っても上手い人が行えば歯石が取り除かれ歯周病が治りますし、下手な人が行えば歯石が残り歯周病が治りません。歯周病医と一般歯科医では中程度の歯周病でさえ一般歯科医では歯石を40%近くも取り残すことが報告されています。歯周病が進行すれば歯が失われます。歯周病をしっかり治すために院長はこの地域で数少ない日本歯周病学会・歯周病認定医として歯周病治療・予防に力を入れています。

要注意、あなたの口に潜む吸血鬼

2019.06.04

歯を磨くと血が出る、血がにじむ、それ、口の中の吸血鬼の仕業かもしれません。歯周病の原因となる歯周病菌は血液から栄養分を取ります。歯肉は血管の塊ですので吸血鬼は歯肉の血管を食い破って出血させてご飯を食べているのです。これが出血の原因です。そう、歯石や歯周病をそのままにしていると、吸血鬼がどんどん増えて歯周病が進行します。進んだ末路は歯が抜けてしまいます。今ある歯を長く残して、快適な生活を送って欲しいので院長はこの地域で数少ない歯周病認定医で歯周病の治療・予防に特に力を入れています。それは、歯周病対策が歯を残して健康な口で入られることにつながるからです。 5年、10年後も歯や口が健康でいたいですか?歯を失うと食事や見た目等様々な事に支障が出ます。そもそも歯がなぜ無くなるのでしょうか?その原因のトップは“歯周病(歯槽膿漏)”です。歯周病は年齢でなるのではなく、治療も予防も出来ます。つまり、歯周病の治療・予防を行うと多くの歯が残せるという事です。歯周病は歯ブラシでは治せません。お早めにどうぞ、そのことが快適な口を約束します。検査は痛くも怖くもありません。

歯周病・歯並びしっかり治して快適な状態で生活する為にまずできること 早い人ほど諦めずに済みます

2019.05.09

歯の色が気になる・・歯並びが気になる・・歯肉が腫れた・・歯肉から血が出る・・ これらはそのままにしておいても決して改善したり・治る事はありません。歯周病は歯を支える顎の骨が溶けてなくなる事で抜歯になります。歯を支える骨の長さが約10mm、半年に1mm骨が失われると2年ちょっとで顎の骨の半分ほどが溶けて無くなります。この溶けた骨はほぼ再生が不可能です。口の中気になる事がある方、半年以上歯周病健診を受けてない方は要注意です。今すぐの歯周病検査が歯を残す事につながります。 気になる症状等が無くなったとしてもそれは治ったのではなく、より深部に進行しているかもしれません。歯周病になると歯肉の腫れや出血、違和感等がでますが歯周病を始めとする口の気になる事をもし、御自身やお知り合いが自覚していながら治療を先延ばしにしているのであれば、どんな理由であれそれは“もったいない”ことです。なぜなら、歯周病を始めとする口の気になる事はそのままにしておいても治りません。仮に歯周病の場合、進行したら歯ブラシで完治させる事も出来ません。 その結果、歯並び等の見た目が悪くなり歯が無くなります。院長はこの地域でも数少ない日本歯周病学会認定歯周病認定医かつ噛み合わせ認定医ですので歯周病、歯並び、歯の色の予防・治療、に特に力を入れており、そのような悩みを持つ多くの方の治療をしています。歯周病を治すのに一番必要な事はなんだか分かりますか? 歯磨き?うがい? それも大切ですが残念ながらそれでは歯周病を完全に治す事は出来ません(予防の為には大切です)。 一番大切なのは“歯周病を治そう、歯を残そう”と思って行動する事です。え、そんな簡単な事?と思うかもしれませんがそれがなかなか出来ない結果、歯周病が多いという現状につながっています。残念ながら虫歯も歯周病も放っておいても進行する事はあっても治る事はありません。 進行した歯周病は歯ブラシで治す事は出来ません!! それでもまだ様子を見ますか??最後に歯周病検査を受けてから半年以上すぎている方は歯を失う危険が高いです。歯石、最後に取ったのはいつですか?? さて、歯石は単に取れば(取ってもらえば)いいのでしょうか?その答えは“いいえ”です。歯石は歯肉内部につくことで歯周病が進行します。歯肉内部に着いた歯石は目で確認することがしにくく、手の感覚などを頼りに術者の技術の差が大きく出ます。同じ歯に歯石とりを行っても上手い人が行えば歯石が取り除かれ歯周病が治りますし、下手な人が行えば歯石が残り歯周病が治りません。歯周病医と一般歯科医では中程度の歯周病でさえ一般歯科医では歯石を40%近くも取り残すことが報告されています。 でも治したいけど、怖いし不安だし・・・と、あなたも思っているかもしれません。当歯科室で歯周病をしっかりと治された方のほとんどの方が最初はそうでした。当歯科室ではいきなり歯を削ったり抜く様な事は決してしません。 今の状態をしっかりと調べて、どのように治せるかお伝えします。そしてしっかり治して口元を気にしない生活を手に入れましょう。歯周病は早く治療を始める程、早くきれいに治ります!まず必要な事は、現在の状態を詳しく検査し、どのように治す事が出来るか知る事です。検査は痛くも怖くもありませんから

もっと歯周病気にしないでいたい、もっと綺麗な歯になりたい、もっと綺麗な歯並びなら、そんな悩み解決する為の当院の取り組み

2019.04.16

当歯科室には多くの方が来院されていますがその理由は虫歯だけではありません。むしろ“歯周病”“歯並び”“歯の色”を気にして来院される方の方が多いくらいですし、当歯科室は歯周病・歯並び・歯の色の治療・予防に特に力を入れています。なぜなら当歯科室はこの地域で数少ない歯周病認定医かつ噛み合わせ認定医だからです。歯ブラシをすると血がでる、冷たい物でしみる、食べ物がつまる、口がにおう、そんなことはありませんか?? もしかしたらそれは“歯周病(歯槽膿漏)”のサインかもしれません。歯周病が進行すると歯を失う結果になっています。歯周病を治すのに一番必要な事はなんだか分かりますか? 歯磨き?うがい? それも大切ですが残念ながらそれらでは歯周病を完全に治す事は出来ません(予防の為には非常に大切です)。 一番大切なのは“歯周病を治そう、歯を残そう”と思って行動する事です。え、そんな簡単な事?と思うかもしれませんがそれがなかなか出来ない結果、歯周病が多いという現状につながっています。残念ながら虫歯も歯周病も放っておいても進行する事はあっても治る事はありません。 進行した歯周病は歯ブラシで治す事は出来ません!! 最後に歯周病検査を受けてから半年以上すぎている方は歯を失う危険が高いです。歯周病は年齢でなる病気ではなく生活習慣病ですので防ぐ事が出来ます、予防する事は痛くもつらくもありませんし、歯を残す事につながります。歯周病が進むと歯並びが悪くなる事も珍しくありません。歯並びが悪くなると磨きにくくなってさらに歯周病や虫歯、口臭につながるだけでなく頭痛や肩こり等とも関連する事があります。実は歯周病と歯並びはこのように切り離せない関係にあるのです。  そして、歯の色がきになる方の場合、実はいろいろなことが原因となっている場合が多いのですがそれらに歯周病や虫歯が関わっていることが少なくありません。歯肉も歯並びも綺麗になって歯も綺麗、そんな喜びを手に入れる方が多くいらっしゃいます

気になる歯の色、あなたへ及ぼす悪影響、見た目だけではないのが心配です

2019.02.01

昔と比べて歯の色が変わってきた、気になる、そんな方が増えています。単に“歯の色程度”と思っていると歯に悪影響を及ぼすことがありますのでそうならないかが心配です。 一口に歯の色が変わったと言っても単に“老化”が原因のこともありますし、詰め物の劣化、神経が死んでしまった、虫歯、と原因は様々です。たかが歯の色と放置しておくと歯を失うことにつながるのが心配です。痛みが出てからでは手遅れになります。今痛みがないのであれば、痛みのないうちに原因と解決方法を知ると歯が綺麗に残ります。少し例を挙げてみるとつめものが変色してきた;つめものを新しくする事できれいになります。歯が昔と比べてくすんだり、黄ばんできた;加齢変化が考えられます。ホワイトニングできれいにする事が出来ます。黒くなってきた;虫歯の可能性があります、虫歯を治して歯の色と合わせる事できれいになります。そのままだと歯を失うことにつながります。縞模様がある;歯が作られる時に原因がある場合があります、その場合程度により改善方法が異なります。銀色;金属を歯と同じ色の材料で治す事できれいになります。いかがです、あなたの気になる歯の色はありましたか?まずは今の本当の状態を知ってください。検査は痛くありません。 もう少し、歯の色が、口元がきれいで健康的になった自分を想像してみてください。そうなれます。株)ライオンが行った調査によると“歯がくすんでいると実年齢よりも+6.97歳老けて見られる”という結果が出ました。逆に言うと、歯が白く綺麗であれば6.97歳若く見られるという事です。口元隠さずに笑えますか??

本駒込歯科室へのアクセス

住所

東京都文京区本駒込 4-48-3-1階

駐 車 場

コインパーキング(有料)

診 察 日

月曜日~土曜日
・9:00~13:00 ・14:30~19:00 ※土曜日は16:00まで

診療時間
午前 9:00~13:00
午後 14:30~19:00

休診日

日曜日、祝祭日 及び 火曜日の午後は休診

診療科目

一般歯科、小児歯科、歯周病、口臭、糖尿病、ホワイトニング、クリーニング(予防)、審美治療、矯正、かみ合わせ治療、インプラント、特殊義歯、健康検査《健康保険取扱い》